利便性の高いレンタルオフィス

仕事をするのに適した場所は意外と多くあるため、よく探してみるといいでしょう。貸事務所や賃貸オフィスなどは、環境が良いことが多いです。また、他にも居抜き物件やレンタルオフィスは、備品や設備が整えられていて、場合によっては入居初日から事務所として使用でき、立地も渋谷など好立地にある場合が多くあります。そのため、専門業者に問い合わせてみましょう。居抜き物件を紹介しているところは物件紹介や売却の相談に応じています。そして、レンタルオフィスの場合にも専門のスタッフが自社のスタッフとして受付や電話対応をしてくれますので、いきなり都会に高額な事務所を構えてスタッフを雇い、成功するかどうか分からない商売を営むリスクを最小限に抑えることもできます。

レンタルオフィスは専門の業者で契約できる

レンタルオフィスは不動産会社で探すというイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、それだけではありません。世の中には、レンタルオフィスやコワーキングスペース、貸会議室といったものから、その人材の紹介まで手掛けているような専門の業者もあります。

レンタルオフィスを契約する流れ

会社

レンタルオフィスの選択

レンタルオフィスには個室型のレンタルオフィスから、コワーキングスペース、ビジネスラウンジ、バーチャルオフィス、貸会議室といった様々な種類があります。まず、自分の必要とする(自分に合ったもの)を選択してから、レンタル時期や空き状況など問い合わせて確認します。

現地確認、見積り

現地確認は必ず行いましょう。施設の状況や、業者の説明、共有スペースなど先に使用している者がいれば、状況を確認したり、一緒にレンタルオフィスを共有できそうかなど様々な情報が得られたりします。それが終われば、見積りをとります。他業者とのあい見積りもとれるならなお良いです。

申し込み、契約、入居

レンタルオフィスの現地確認、見積りに納得がいったら申し込みます。契約は、内容を確認し、必要書類を提出します。必要書類はだいたい、身分証明書のコピー、会社の登記簿謄本、犯罪収益防止法に基づく確認署名などです。これが済んだら、初期費用の入金をします。

起業するならレンタルオフィスがオススメ|イニシャルコストを抑える

オフィス

渋谷のレンタルオフィスは賃貸オフィスよりお得?

渋谷ではそもそも土地が高く、空き地もないため、レンタルオフィスの需要が高く、逆に供給も多いです。そのため、比較的レンタルオフィスの環境もよく、立地も申し分ないため、コストパフォーマンスが高いと言われています。逆に賃貸オフィスの料金は渋谷の高額な不動産価格の影響をもろに受けるため、高止まりの傾向にあります。ただし、長期に使用し、高い収益を上げ続けることが可能であれば、長い目で見るとレンタルオフィスよりお得になるかもしれません。

男女

仕事の効率にも影響がある!オフィスチェアの重要性

会社員はオフィスの中で一日の大半を過ごします。生産性が高く、正確性の高い仕事を行うためには、レンタルオフィスを借りるだけでなく、オフィス内を少しでも過ごしやすい環境を作ることが重要です。その中でも特に仕事がデスクワーク中心の方にとっては、オフィスチェアの選び方は非常に重要です。座っている環境が良ければ、適度なリラックスの中で仕事ができるため、集中力が増すことにより、作業効率を上げたりするだけでなく、腰痛や疲れ目などの職業病の防止にもなります。